肌極 米肌

乾燥肌によるトラブル改善にはライスパワーNo.11を配合したスキンケアがおすすめ!

前記にも挙げた通り、シワとたるみの主な原因は「保水力の低下」=「肌内乾燥」にあります。

 

「保水力」を作っている成分は、皆さんも耳にしたことがある「コラーゲン」や「エラスチン」です。
コラーゲンは肌のハリや弾力を作っています。
エラスチンは、このコラーゲンを支えるネットのような役割を持っています。

 

そのため、肌を作っているこの2つの成分が減ってしまうと…
重力に逆らえなくなったお肌はたるみ、折り重なった皮膚はシワを作ってしまうんです。
しかも、紫外線やストレス、ホルモンバランスの乱れなどで、肌細胞は簡単に減少してしまいます!

 

コラーゲンとエラスチンはどちらも”アミノ酸”。
このお肌の危機を救うためには、このアミノ酸を補充する必要があります!
しかし、残念なことに…、コラーゲン鍋のように、コラーゲンをそのまま食べても体内で分解されてしまいます。
なかなか肝心のお肌に行きつかないのです。


では、肌極(はだきわみ)と米肌(まいはだ)の違いは何でしょう?

米肌と肌極の比較表

米肌(まいはだ) 肌極(はだきわみ)
 

対象年齢

30代〜

20代〜30代

おすすめの肌質

年齢による潤い不足肌

乾燥肌/エアコンによるゆらぎ肌

主な成分

ライスパワーNo.11

ライスパワーNo.11

その他の美容成分

ビフィズス菌酵母エキス/大豆醗酵エキス/乳酸Na/グリコシルトレハロース など

緑茶エキス など

トライアルセット料金

1,500円(税込)

販売終了

販売場所

通販のみ

店舗

米肌の商品紹介

30代からの潤い力を育てるケアには「米肌」!

 

  • 洗顔から保湿までをライスパワーNo.11で徹底的にケア!

  • 徹底的な低刺激で敏感肌にも年齢肌にもやさしい!

  • しっかり潤うのに、べたつかない!

>>詳細をチェック

スキンケアが楽しくなりました♪

 

洗顔に使う石鹸や化粧水、保湿美容液とそれぞれ自分に合ったものを探すなんて面倒!これさえあれば、スキンケアがぜーんぶ完了!というセットを探していたため、飛びつきました!笑
話題のライスパワーがどんなものかも知りたかったので、トライアルセットを購入。

 

潤肌石鹸の泡立ちのよさに驚きました!
ふわっふわの泡が簡単に立って、洗顔がとっても気持ちいいんです♪
やさしさに包まれているような気もちで毎日楽しく洗顔しています。
化粧水もクリームも、べたつかずにサラッとした感触。なのにずっと潤うから本当に驚きです。これであと10年くらいは乾燥の悩みから解放させてください、と願っています。

神のようなクリームに出会えた!!

 

私は「肌潤クリーム」がお気に入りです♪
重たくなく、肌にすっと伸びるのに、本当に保湿力が高いんです!
一度つけたらメイクの上からでもさわるとぷるぷると潤っている感じがします。
毛穴をキュッと引き締めてくれるから、鼻周りの毛穴の黒ずみも気にならなくなってきました♪

 

トライアルセットを購入したら、化粧水だけすぐに無くなってしまいました。。。
乾燥肌なので化粧水はたっぷりつける主義なのですが、クリームがなかなか無くならないことに驚きました!
たくさんつけなくてもしっとり潤う、ホンモノの保湿クリームだと思います♪
1回に使う量を多くしなくて済むから、コストパフォーマンスも最高です!


 

肌極の商品紹介

20代の忙しい”ゆらぎ肌”におすすめなのが「肌極」!

 

  • 洗顔後の2ステップで潤い力を育てる!

  • 濃厚でトロッとしたテクスチャーなのに、使い心地が軽い!

  • 癒し系のほのかな香り!

セットで使うと乾燥しない!

 

洗顔後に美容液と化粧液をつけるだけ!
仕事を始めたばかりで朝も夜も焦ってしまい、スキンケアに時間がかけられない私にピッタリだと思い、購入しました。

 

美容液は見た目は重たく、濃厚でどろっとしている感じ。でも実際に肌にのせるとすっと浸透して重たくないんです。
乾燥肌の私は何度も重ね付けしたい心地よさでした。夏場でもべたつきを気にせずに使うことができます!
化粧液を上から重ねると、キュッと引き締まる感じがします。美容液の効果を逃がさずに潤いを保ってくれる感じがして満足しています。

 

今では朝のメイク前に乾燥が気にならないようになりました!化粧のりもよくなって、朝からウキウキで仕事にでかけることができています♪

自分の肌に合うスキンケア見つけた!

 

乾燥肌がひどく、口や鼻のまわりが白くガサガサしてしまうのが悩みでした。
色々な保湿美容液を試しましたが時間が経てばガサガサ肌に戻ってしまうものばかり。
毛穴の開きを治す方法を知りたくて、なかなか自分に合うスキンケア商品と巡り会えずにいました。

 

ライスパワーが潤いを育てる効果があると知って使うことにしたのが「肌極」です。
乾燥対策なだけにしっとりと潤う美容液と化粧液。
トロッとしていてほんのりいい香りがして、乾燥している肌にしっかり潤いを保ってくれます。
スキンケアをしても1時間もたてば肌がカサカサしてきた私ですが、肌極のおかげで寝る前までずっと潤いを実感しています。仕事中のメイク崩れも少なくなってきたような気が♪これからも続けて潤い力をUPさせていきたいです!

30代からの肌ケアは、肌極→米肌にチェンジがおすすめ!

年齢を重ねたダメージ肌には「米肌」がおすすめ!

「肌極」と「米肌」の大きな違いは肌へのやさしさと水分保持能力を育てる力!
肌極よりも米肌の方が肌に優しい低刺激処方で、水分保持能力を育てる潤い成分がたっぷり含まれています♪
洗顔から保湿までの一通りをすべてライスパワーNo.11の力でケアすることができるから、年齢を重ねてダメージを受けた肌や、乾燥・敏感肌がひどい方にもおすすめです!

 

40代からのエイジングケアは水分を保持するケアが重要。
水分が失われるとハリや弾力が失われ、肌全体がたるんでしまいます。
毛穴の広がりや凸凹、皮脂や老廃物の詰まりから起こる黒ずみは、肌全体に潤いを取り戻し、全体的に引き締めることで改善できます。

 

ゴシゴシ老廃物を取り去ろうとしたり余分な油分を与え続けては逆効果。
肌にハリと弾力を取り戻し、毛穴を引き締めなければどんなに汚れをとってもまた入り込んでしまいます。乾燥することで皮脂が過剰に分泌されるとテカリや汚れが溜まる原因に。。。

 

40代からのスキンケアには潤い力の育成が不可欠!
「米肌」で水分保持能力を高め、ぷるっと潤うトラブル知らずの肌を育てましょう♪

米肌の購入はこちら


 

コーセー「肌極」のオリジナリティー・特徴について

コーセーから発売されているスキンケアシリーズ「肌極」の特徴についてご紹介していきます。

 

【「肌極」に配合されている大注目の「ライスパワーbP1」とは??】

「肌極」はコメ由来の有効成分が配合されたスキンケアシリーズです。他のスキンケアアイテムとは一線を画すその大きなポイントは、
肌の水分保持能そのものを改善する「ライスパワーbP1」の効能です。

 

「ライスパワーbP1」とは薬事法改正後、医薬部外品として唯一「皮膚の水分保持能の改善」という新しい効能が認められた有効成分です。
加齢や環境によって減少していく肌の中の「セラミド」の産生を促して肌自身が水分を貯え、保つ力(水分保持能)を改善していくという効能があります。
不足したセラミドを補うのみならず、肌の奥でうるおいの素となるセラミド産生を促し、水分を貯える力を改善することで、肌のバリア機能も強化されていきます。
うるおい肌へと根本から改善させていける画期的なスキンケアシリーズです。

 

【20代、30代女性のゆらぎ肌悩みに】

「肌極」は特に20代、30代女性のゆらぎ肌悩みによりそってつくられました。この世代の女性は仕事や子育てで忙しく、冷暖房の影響による乾燥や寝不足、
ストレスなどにより肌状態が不安定になりがちな傾向にあります。
肌の「セラミド」の量が低下すると皮膚表面から水分が蒸発しやすくなり、ゆらぎ肌になりやすいのです。
「Tゾーンはべたつくけど頬は乾燥する」「何となく肌の調子が悪い」といった“乾燥するけどべたついてもいる”状態を感じたことはありませんか?
コーセーはこのゆらぎ肌悩みの解決には「ライスパワー11」が最も効果を発揮するということを突き止め、高い技術力を結集して「肌極」を開発しました。

 

【美容液→化粧液の2ステップでシンプルなのに充実した使用感!】

「肌極」は洗顔後、美容液→化粧液(またはジェル)という使用方法です。
シンプルながらその使用感は充実しているとの声が多数あがっています。
忙しい日常をすごす女性でもこれなら長く続けていけそうですね。


オイリー肌の開いた毛穴を引き締めるスキンケア

オイリー肌の方は毛穴から出る皮脂量がとても多いです。
それにより、詰まってしまいパンパンになって横に開いてしまうことがあります。
ふとつた毛穴によるもので、解消法としては、正しい洗顔からになります。

 

いつも皮脂がある状態で、洗顔をしても取りきれないため、つぎからつぎへと皮脂が多くなってしまう現象です。
洗顔ですが、皮脂をとる事ができるものを使用してください。

 

普通の洗顔料ではなく、オイリータイプのものが良いです。
この方が、力を入れずに優しく洗うけれど、しっかり汚れも余計な皮脂も取ることができます。毛穴の汚れを取ると宣伝しているものがあれば、なおOKですが、力を入れずに、よく泡立てて洗顔をしてください。

 

すぐに化粧水をつけることになりますが、これは惜しんではいけません。
頬の毛穴の開きを治すには必ずたくさんつけることを心得てください。
この時に水分補給をしっかり行っておくことで、その後の皮脂量を抑えることができます。
オイリータイプの肌を作るのも、この化粧水の量と関係してきます。

 

そして、乳液やクリームになりますが、これは、せっかく付けた化粧水が蒸発しないように肌に蓋をするとお考えください。
オイリー肌の方の場合、べたつくものは厳禁で、さっぱりとしたものが良いでしょう。
ノビが良いものを使用することで、少しの量であまり指に力を入れることなく、スーッと顔全体に伸ばしていってください。
洗顔で余計な皮脂も十分取ることができましたが、
同時に肌に必要な皮脂も取れてしまっています。
そのままにしておくことで、余計オイリー肌になしまうので、化粧水と乳液の存在は大きいです。
その後、肌の栄養のためのクリームを使用される方もいらっしゃいますが、これもべたつくことなく、さっぱりとしたものが良いでしょう。
オイリー肌の方にとっては、何かをつける事自体抵抗がある方もいらっしゃいますが、反対に付けないと、天然の保湿剤として、皮脂量を増やしてしまうことになります。

更新履歴